シンプルスキンケアで日数軽減!ベタラッキーや肌のキメ、毛孔の病態にも威力ありの後押し手当てやり方!

きちんとスキンケアをしているのに、人肌がベタついたり、化粧が崩れると本当に困ってしまう。
こちらはそんな時、肌の状態を見て極力スキンケアをシンプルにするように心がけてある。
メーク前はなおさらだ。

今のファンデーションは、様々な美容根本が配合されてあり、保湿効力も高くなっているので、場合によっては乳液や美容液の順序を除くこともあります。
根本をチェックしておんなじ根本が配合されているのであれば、おんなじものを何度も塗り重ねてしまってあることにもなるので、美容液は付けずに化粧水→ファンデーションに移ります。
メークをする前に何カテゴリーも塗り積み重ねることは、人肌のブレスをふさいでしまいメークがひずみやすく陥るような気がします。

スキンケアは、塗れば塗り付けるほど良いとイメージしてしまうが、これはかえって人肌へ負担を増やしてあるだけにもなりかねません。
人肌には元々体内に不要な成分を侵入させない障壁役目が備わっているので、どれだけ満杯塗り重ねても体得見込めるかさは限られているようです。
こちらはこのことを知ってから「どれだけ人肌に手をかけたか?」ではなく、「今人肌にとって必要な物品は何か?」を意識するようになりました。

そうすることで、スキンケアやメークをするまでの順序がかなりカットされて、年月の引き下げにもつながってある。
そのひっくり返り、常々自分の人肌の足取りを感じて、その日によってスキンケアの種類を変えたり、物品を増やしてある。
これからもシンプルなスキンケアを心がけて人肌の足取りをキープしていきたいと思います。どうぞご覧ください